市立柏原病院 〒582-0005 大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号

文字のサイズ変更はこちら文字のサイズを【小】に変更文字のサイズを【中】に戻す文字のサイズを【大】に変更
  • 当院について
  • 外来のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 特定健診のご案内
  • 所在地・アクセス
  • 看護部のご案内
  • 地域医療連携室
  • 柏原病院 送迎循環バス きらめき号
お知らせ

平成29年度 病院情報の公表について

 

平成29年度 市立柏原 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 131 54 98 127 169 242 621 1111 945 283
当院は、急性期病院かつ大阪府のがん診療拠点病院であり、地域の基幹病院として幅広い年齢層の患者さんを対象としておりますが、60歳以上の患者さんが7割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
診断群分類別患者数等を作成の為に必要なDファイルがなく、集計が困難な為掲載は省略致します。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 6 23 26 5 14 1 7
大腸癌 24 19 18 63 6 23 1 7
乳癌 11 10 10 4 0 3 1 7
肺癌 1 0 1 14 1 1 1 7
肝癌 3 5 3 4 1 34 1 7

1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
本邦に最も多い5つの癌は5大癌と呼ばれております。UICC病期分類とは世界共通の癌の進行度を示す分類で、Stage Iが最も早期であり、Stage IVは癌が肝臓や肺などに転移しているような進行度の高い状態を指します。市立柏原病院ではStage Iの胃癌、大腸癌の多くは胃カメラや大腸ファイバーによる治療を行っており、内視鏡的な治療では根治的とならない場合に腹腔鏡下手術を行います。胃癌、大腸癌で進行度が高いため腹腔鏡下手術では難しい場合に限っては開腹手術をする場合もあります。肝癌に対しては、肝臓の機能が落ちている程度、癌の大きさ、肝臓内の部位、個数を総合して判断し、切除が行えるものは切除します。切除できない場合は、ラジオ波で癌を焼くか、癌を養う血管を詰めてしまう治療をし、場合によっては新しい薬(分子標的治療薬)を使用することもあります。5大癌のStage IVや再発癌には手術をせずに抗癌剤治療を行うことや、緩和ケア(薬で痛みなど不快な症状を和らげ、精神的な支えを行う)を主に行うこともあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 8.45 53.1
中等症 92 19.18 81.64
重症 7 21.57 81.86
超重症 4 62.25 85
不明
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度(A-DROP指標:年齢や脱水の有無、酸素化能、意識状態、血圧から重症度を評価する指標)別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います)。
肺炎は、日本の死因順位でも上位に位置する疾患です。高齢であるほど重症化しやすく、抗菌薬の適正な選択を行い改善を図ります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
平成28年度の当院での脳梗塞は10症例以下のため、集計は省略します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未 198 0.65 1.14 0 67.56
K654 内視鏡的消化管止血術 29 1.07 8.76 0 70.14
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 27 3.93 9.67 3.7 70.04
K7212 大腸ポリープ・粘膜切除術(2cm以上) 25 0.68 1.84 0 67.44
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 24 3.25 18.38 16.67 81.5
消化器内科では、内視鏡治療に積極的に取り組んでいます。早期に発見・治療することで身体の負担を最小限にして、治療後の早期退院を目指しています。早期癌やポリープに対する治療だけでなく、消化管出血に対する内視鏡的止血術、総胆管結石や閉塞性黄疸に対する内視鏡的治療(内視鏡的結石除去やステント留置)も数多く行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 2.47 7.02 0 63.32
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 37 1.97 4.62 0 69.54
K7211 大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未 35 0.91 1.69 0 74.63
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両) 31 0.87 3.39 0 72.23
K6113 抗悪性剤動注カテ埋込(頭頸部・他) 23 4.57 8.83 0 71.61
腹腔鏡下胆摘術や腹腔鏡下虫垂切除術の大半は緊急手術が必要な患者さんに対して行っております。腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術は、術後の痛みが少なく、ほとんどの場合、術後3-4日で退院できます。Kコード分類上は表に示す内容となりますが、大腸癌の手術は63件(うち腹腔鏡手術は41件)、胃癌の手術は17件(うち腹腔教手術は8件)、乳がんの手術は25件行いました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 46 5.04 6.33 0 64.26
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 36 3 8.11 0 74.64
当院では腎・尿管結石の治療は、経尿道的尿路結石除去術(レーザー)を行っています。サンゴ状結石と言われる、非常に大きな腎結石を除くと、この治療方法で、ほぼ100%の結石を除去できています。膀胱腫瘍に対しては、膀胱を摘出する事なく、内視鏡で腫瘍だけを切除する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)を主に行っています。膀胱腫瘍は、腫瘍が進行すると内視鏡で腫瘍を切除する事ができなくなり、膀胱をすべて摘出しなければなりませんが、当院では、進行した膀胱腫瘍でも、膀胱を摘出せず、治療を継続する動注化学療法も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術1.大腿 50 8.1 48.46 16 78.94
K0462 骨折観血的手術2.前腕 20 4.2 31 0 69.35
K0811 人工骨頭挿入術1.股 18 6.22 45.56 11.11 82.28
K0821 人工関節置換術1.膝 13 17 60.42 0 82
K0463 骨折観血的手術(指) 10 2.7 26.3 0 52.7
整形外科では高齢者の転倒により多く発生する大腿骨頚部骨折、転子部骨折(股関節の骨折)に対する骨折観血的手術、人工骨頭挿入術が多く両手術の平均年齢は80歳を超えており比較的長期の入院日数となっています。術後患者さんの病状に応じてリハビリテーション病院やケア病院へ転院することもあります。股関節や膝関節の人工関節置換術は全員が自宅退院しています。脊椎手術では椎間板摘出術、内視鏡下椎間板摘出術、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術、椎体形成術なども行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出.腹腔鏡による 14 1.36 3.64 0 42.21
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 9 0.89 0.11 0 30.89
産婦人科では、主に良性疾患の婦人科手術を行っております。卵巣のう腫や一部の子宮疾患に対しては、腹腔鏡下手術を行っております。手術後の早期回復が期待できます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(その他のもの) 26 0 4.62 0 75.65
ご希望により日帰りまたは入院で行っています。
皮膚
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術2.単純切除 13 0 4.38 0 71.31
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 4 3.5 8.25 0 71
K0062 皮膚皮下腫瘍摘出露出外3-6cm未満 2 0 2.5 0 60
K0022 デブリードマン2.100c㎡以上3,000c㎡未 1 12 69 0 83
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出露出部2-4cm未満 1 0 1 0 40
当科は中河内地域では、数少ない手術を行っている皮膚科です。外来通院で可能な一般的な良性腫瘍のみならず、巨大な腫瘍や悪性腫瘍の入院治療にも力を入れています。近年の高齢化社会を反映して、癌の件数(皮膚悪性腫瘍切除術)が増加傾向にあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.05
異なる
180010 敗血症 同一 8 0.21
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.03
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 9 0.24
異なる
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症はいずれも発生頻度はきわめて低いものですが、発生すると命にかかわる重篤な状態です。市立柏原病院ではこれらの状態になった患者さんをできるだけ早期に発見して集中的に治療する体制(ハイケアユニット病床、血液浄化装置、薬物治療など)を整えております。
更新履歴

▲このページトップへ
当院について外来のご案内診療科・部門特定健診所在地・アクセス
市立柏原病院
〒582-0005
大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号
TEL 072-972-0885
FAX 072-970-2120

●診療科
 内科 外科 整形外科 小児科 眼科 耳鼻咽喉科 産婦人科 皮膚科 放射線科 泌尿器科
●診療受付時間 : 平 日 8:20〜11:30   12:00〜15:00                     
●診療時間 : 平 日 8:45〜12:00  13:00〜17:00   土曜日:9:00〜12:00
●休日診療 : 9:00〜12:00  13:00〜16:00
※診療科目によって診療日時が異なります。詳しくはこちら

所在地・アクセス
Copyright © Kashiwara Municipal Hospital All Rights Reserved.